ニュージーランド・オーストラリア中学・高校留学 | 留学なら信頼と実績のOKC

ニュージーランド・オーストラリアの中学・高校留学で34年のOKC。オーストラリア政府より表彰された日本で唯一の留学団体。現地5都市の直営事務所と16都市の日本人スタッフが留学をサポート。多くの不登校生も日本の大学に帰国子女進学を達成しています。

留学の関連情報

留学(りゅうがく、るがく)とは、自国以外の国に在留して学術・技芸を学ぶことをいう。広義には自国内の遠隔地に生活拠点を移して学術・技芸を学ぶこと(国内留学)を含める場合もある。 留学している人を「留学生」(りゅうがくせい、るがくしょう)という。
※テキストはWikipedia より引用しています。

英語圏内として知られるオーストラリアでは、英語を学びたいと感じている人にとっては、非常に都合の良い場所です。また、高校生が海外の空気を知る意味で、高校留学をするにも、非常に大きな意義がある場所と言えるでしょう。実際のところ、昔から高校留学先として、オーストラリアには大きな人気が集まっています。今やワールドワイドに活躍できる人材のニーズが増えているので、このような時代の流れを考えても、高校生のうちにオーストラリアを経験しておくことには、かなりの価値があります。少しでも前向きに検討したいと感じている場合、その好奇心を大切に、親にしっかりと相談に乗ってもらいましょう。家族できちんと話し合いをし、その上で検討することが重要となります。ちなみに、日本人学生をたくさん受け入れてきたオーストラリアの老舗の留学先であれば、日本語を話すことができる講師も在籍しているので、問題ないはずです。インターネット上のホームページを通し、通話アプリケーションを使って、直接色々と話を聞いておいた方が良いでしょう。また、インターネット上に目を向けるついでに、そもそもどこの高校留学先にすれば良いのか、それを経験者の話から確かめることが大事です。身の回りに経験した先輩がいるなら話を聞くのが1番ですが、いない場合はやはりネット上から探した方が無難だといえます。幸いなことに、ネット上であれば、オーストラリアの高校留学先の人気ランキングサイトや、評判が確認できる口コミ情報サイトなどを、すぐにチェックできるはずです。1つの留学先だけで結論を出すのではなく、ホームページを細かく見て、カリキュラムに納得できるようなところを選ぶようにしましょう。当然ながら留学費用も場所によって異なります。家計の問題もあるはずなので、あまり負担にならないようなところを選ぶべきです。なお、留学中でも日本国内の大学受験の対策がおろそかにならないよう、サポートしてくれる留学先を選ぶことも重要となります。
<関連情報:高校留学 オーストラリア