SEIKO

順送プレス加工・金属プレス加工なら、いち早く中国工場を立ち上げ、実績豊富、創業63年の株式会社成興にお任せください。日本工場と変わらない高品質の加工品を低価格でご提供致します。順送プレス金型製作やプレス加工品の製造に力を入れております。

抵抗器の関連情報

抵抗器(ていこうき、英: resistor)とは、一定の電気抵抗値を得る目的で使用される電子部品であり受動素子である。通常は「抵抗」と呼ばれることが多い。 電気回路用部品として、電流の制限や、電圧の分圧、時定数回路などの用途に用いられる。集積回路など半導体素子の内部にも抵抗素子が形成されているが、この項では独立した回路部品としての抵抗器について述べる。
※テキストはWikipedia より引用しています。

メーカーなどでも必要とされる金型部品は加工されることによって使い勝手のいいものになります。そして金型加工には順送プレスという方法があり、これは上と下に分かれているプレス機に金型をつけて、その型の間に材料を入れて形通りの製品を作ることができるのが特徴です。上型下型とあるので挟むことでしっかりとした土台をもった加工品を作ることができることからも、技術力が高い仕事になります。わかりやすくいえば自動車の部品なども特殊な加工が必要なことからも、日常的に作られている部品であり加工品としての質も高くないといけません。また家電製品も多くの加工をされていることからも、小さな部品から大きな部品まで作ることができるのが順送プレスとなっています。特徴としては厚みが均一となっている部品に適しているとされているので、形さえ出来上がってしまえば大量生産などの複数の仕事が可能です。また単発型と順送型の種類があることから、それらに合った工法で進めていくことによって、よりコスト削減を目指すこともできます。企業にとってコストカットはできる限りやっておきたいところになりますし、それでいて粗悪品とならないように努めることが重要といえます。順送プレスでは生産性の高い製品を生み出すことができることや、連続して供給できる強みがあるために完成品としての質も助かります。しかし順送プレスは機械が順送りになってやってくれるので簡単だといえば、まったく反対で熟練した金型設計技術が必要となるのでスペシャリストになることです。どこの世界にも高い技術力をもっているところでは、これからの金属製品を扱っている企業として志を高くもっていかなくてはいけません。そのためには新しい情報やより精密な性能を作る上の経験が必要となりますので、若い人材などは必要不可欠となっているといえます。企業の技術はその歴史に刻まれていることから、10年20年ではなく数十年単位や100年を超える企業もいくつかあります。
<関連情報:順送プレス