家電と家具の発送なら一発予約家財宅配便|引越しやリサイクルならキタザワ引越センターへ

キタザワ引越センターのお一人様向け引越プランです。スタンダード・デラックスプランなど各種プランがございます。単身でお引っ越しを希望される方は「単身カーゴパック」もおススメです。全国どこでも長距離にも対応。ちょっとした家具・家電の配送にもご利用いただいております。

運送の関連情報

運送(うんそう)とは、請負により貨物や旅客を輸送すること。個々の契約や行為ではなく、その事業やインフラについていう場合は、しばしば運輸(うんゆ)という語に置きかえられる。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京の多くの引越し業者は、単身パックというサービスを提供しています。主に一人暮らしの方向けのサービスで、少量の荷物の運搬を代行してくれる訳です。一人暮らしの方は、そのサービスを利用している事も多いです。自分1人で荷物を運搬するのも大変ですし、専門業者に任せている方が殆どです。ただ東京で引越しの単身パックを利用するなら、シーズンも意識する方が良いでしょう。3月や4月頃に単身パックを利用するのは、避ける方が無難です。料金と予約の問題があるからです。東京の引越しの専門業者に運搬を依頼するなら、もちろん費用はかかります。たいてい数万円前後の費用がかかりますが、それもシーズンに左右されます。繁忙期は、どうしても料金は高くなってしまう傾向があります。都内ですと、3月や4月頃に荷物を運搬してもらう時の料金は、4万円前後になるケースが多いです。やや長い距離を移動する時などは、45000円ぐらいになる事もあります。ですが、それは3月や4月といった繁忙期の料金です。それ以外のシーズンは、料金はもう少し低めになる傾向があります。現に上記以来のシーズンに単身パックを利用する時は、料金は3万円前後になるケースが多いです。繁忙期と比べると、1万円ぐらい格安になる訳です。そもそも転居する時は、色々とお金が必要です。新しい物件に入居するなら、前家賃や敷金などの初期費用を支払う事になります。新生活を始めるなら、色々な電化製品も買わなければなりません。1万円節約できるだけでも、だいぶ大きいです。また繁忙期の場合は、専門業者に対する予約も取りづらくなる傾向があります。3月や4月になると、どうしても引っ越しの依頼件数が多くなり、なかなか予約を取れないケースも多いです。スムーズに予約を取りたいなら、繁忙期は避ける方が無難です。できる事なら、1月上旬を検討すると良いでしょう。とりわけ1月の3日から10日にかけては、かなり予約が取りやすくなる傾向がありますし、おすすめです。
<関連情報:引越し 単身パック 東京